サンディーの略歴-Biographical Notes

誕生から殺害されるまで

1895ニカラグアのNiquinohomo(ニキノオモ)村で生まれる。
1904母親から離れ、父親と家族の家に移り住む。(9才)
1921著名な町保守党員の息子、 Dagoberto Rivasを銃で撃ち、その後ニキノオモ村を離れます。(26才)
1922グアテマラからメキシコに移動し、最後にタンピコ港の近くのセロアズールに留まりました。そこで精油関連の仕事に就きます。(27才)
-1926セブンスデーアドベンティスト派やヨガ・マスターなど、数人の異なる降霊術者指導的宗教学者と関係するするようになります。またフリーメーソンとなり、反帝国主義のような革命的な考えに精通していきます。また同様に反教権、無政府主義、自由主義、社会主義、共産主義にも関わりを深めていきます。
19265月:殺人未遂の出訴期限法が終了するとともに、彼はニカラグアへ戻ります。ビジネスを始めるために出身地へ帰りました。
19266月:サン・アルビノ鉱山で雇用を見つけ、ノースの鉱業地帯へ移動します。
192611月:ホンジュラスにてサンディノと鉱夫の一団はEl Jícaroで守備隊を攻撃します。しかしその攻撃が撃退されます。敗北の後、よりよい武器を必要としてPuerto Cabezasに向かいます。彼は武器と人を増やそうとしていました。
192612月:リベラル反逆者側のコマンダー将軍ジョスと会いました。サンディノは、逃げる保守党反逆者からいくつかの武器を調達します。
19272月:セゴビア山脈に戻ります。
19274月:サンディノの軍隊は、敗北が濃厚なリベラルのカラムを救います。サンディノは、自分のビジョンを勝利のマナグアとし始めます。
19275月:アメリカの大佐ヘンリー・スティムソンの後援の下で署名され、合意(Espinoの黒人の合意)に達することを紛争当事者に強います。サンディノは合意を受理し、武器を手放すだろうと確信させます。ヒノテガが合意のために必要な調べを受けていなかったので不正を訴えます。そして、彼は合意を祖国の裏切り行為と宣言します。
5月18日:サンディノは、サンラファエルdel Norteの山脈へさらに移動します。そこで彼は電信技手だった娘と結婚します。彼の軍隊が彼を見離し始めるとともに、さらに彼は丘へと移動しました。
5月24日:もしアメリカがニカラグアを支配するために軍政長官を指名すれば、サンディノはUSMC野戦司令官に降参するつもりでした。そして、この人は新たな選挙を監督するでしょう。
19276月:尊敬すべきリベラルの政府の設立。サンディノは行政当局を任命して地域の構成された当局を務め始め、Ciudad Sandino(サンディノ・シティ)と改名します。
19277月:サンディノは、インドの民族および彼の意図と神秘的な繋がりを持っていると考えていた最初の2つの政治綱領を公布します。
19279月:サンディノは、ニカラグアの国民主権を弁護して農夫の集団を軍隊と命名し、兵士用のガイドラインを入念に作成します。彼は名前を改名し、Augusto "César" Sandinoとしました。
192711月:サンディノは、彼が「母国への反逆者」と呼ぶ者を識別する法令を出します。サンディノに敵対する者へ向けてです。
19281月:サンディノは、ラテンアメリカの国々によって派遣されたアメリカ軍の撤退と、アドルフォ・ディアス大統領の辞職および新しい選挙を要求します。
192810月:Moncadaの投票での勝利を予測して、サンディノは3つの政治的な党派および日和見主義者のニカラグアの追放、Pedro J. Zepedaと共同で実権を握るために政権を組織します。政権サンディノを確立する協定では、彼自身は、共和国の総司令官および明白な軍事の当局となることを宣言しました。
192811月4日:大統領選挙。Moncadaは大統領職を勝ち取ります。サンディノは、メキシコのゼペダとの調整のために、彼の忠実な人格代表者Froylán Turciosをと海外へ向かわせます。
192812月:Turciosは、新しい政権プロジェクトを進めないようにサンディノに助言し、そのような考えでは戦争に結びつくだろうと彼に警告します。
19291月:サンディノは、ラテンアメリカのための「遠大なプロジェクト」を発表するための要求をメキシコの大統領に対しておこないます。
19291月6日:サンディノはMoncadaの政府を違憲と宣言します。彼の軍隊が、国の合法性のただ一つであるという意義です。サンディノは、米軍の撤退、ブライアンチャモロの条約の廃止、および解決に対する彼の無条件の実権支配を要求します。彼は、Moncadaが会議のために中央アメリカの共和国へ、呼び出しを宣言することをさらに要求しました。そして、彼は呼びかけました「インドラテンアメリカ、大陸、そしてAntillean連合。」へと。
19291月7日:サンディノはTurciosの辞職を認めました。原因となった汚職を激しく非難します。
19291月18日:サンディノは、ニカラグアの歴史を見直します。Benjamín Zeledonによるアメリカの軍隊に対する抵抗で、1912年10月4日に始まったと言われていた彼自身の新しいカレンダーを作成します。
19292月:サンディノは、ニカラグアにいるヨーロッパ国籍の人々の生命を脅かし始めます。サンディノは、壊滅的な勝利の見込みをし始めます。
19293月:サンディノは、支援を求めるヨーロッパ大陸のすべての大統領宛に手紙を書き、ラテンアメリカで生き残るためにその血を流すために、ニカラグアが選ばれたと発表します。彼は大がかりな「Bolívar 最高の夢の実現計画」を明らかにします。Moncadaは、「ボランティア」の力を組織し、サンディノに対する攻撃を計画します。
19296月:サンディノはメキシコへ移動します。サンディノは、降神術師EMECUと関係するようになり、フリーメーソン一家と彼の会員を再燃させます。彼は勝利を約束するニカラグアで、支持者へ手紙を送り続けます。
192912月:サンディノは、彼がメキシコに滞在することと交換にアメリカから金銭を受け取ったとされ、それが裏切りであると非難されます。
19301月:メキシコの共産党員(PCM)は、メキシコの政府を非難するサンディノの宣言と交換に、サンディノのためのヨーロッパ周遊の代価を払うつもりです。サンディノは、彼の軍隊をアメリカの犯罪に対する天罰の道具と宣言します。
19301月2日:サンディノはニカラグアのPedrónに対して、彼が神の顕現であると発表します。
19302月:サンディノは元大統領に会い援助を求めますが、どれもかないませんでした。ポルテス・ヒルは、彼に働く土地およびメキシコに残る機会を提供しました。サンディノは非常に失望します。
19304月:PCMは、サンディノがメキシコの政府をとても非難しているという言葉を漏らします。サンディノはニカラグアへメキシコから逃げます。
19305月16日:サンディノはニカラグアへ戻ります。
19306月:サンディノは戦いで重傷を負います。妻ブランカは彼の手の届かないところに追放されてしまいます。
19308月:Pedrónの数人のメンバーは待ち伏せされて殺されます。
193010月14日:サンディノはアブラハム・リベラに彼の宇宙起源論を伝えます。
193010月16日:サンディノは、『中立』を推進することを"解放運動"に対する犯罪であると宣言します。
19311月:大佐スティムソンは、1932年の選挙に続いてニカラグアからの米軍の撤退を推進します。
19312月3日:サンディノは、彼が神の顕現であると、また妻のブランカはメアリー(イエスの母)の生まれ変わりとPedrónに繰り返し伝えます。
19312月22日:サンディノは、失敗に終わったメキシコでの滞在を改めて考え直します。それは、世界の紛争に対して精通することを目的としています。
19312月:サンディノの人は戦いで大きな侵略をし、ニカラグアの北部地域全体をほとんど掌握するために攻めこんできます。追随者の数は大きく増えました。
19313月:サンディノは、中央アメリカで共和国の結合を宣言する準備をし、地域の労働運動がすべて彼に続くだろうと予測します。3月31日:地震はマナグアを破壊します。
19315月12日:サンディノは、Segovianの人々を予言者と宣言し、彼の宇宙起源論をさらにさらに詳しく論じます。
19318月9日:サンディノは、最終大火災が近づいていると予言し、彼の側近からの政治的な相談を拒絶します。サンディノは自分の側近にさえ、偏執病な患者のようにしてしまいます。
193112月:サンディノは、ニカラグアを奪取する計画を立てて、Horacio Portocarreroによって率いられる傀儡政権を指名します。
19328月:サンディノは、次の選挙やその告知など妨害する準備をします。
193211月:サンディニスタ将軍は、ニカラグアの大統領に立候補します。
193211月6日:大統領選挙。サンディノは新大統領のためにマニフェストとなる約束事を準備します。戦争や通貨対策、および外交問題の対策に対してです。そして、グラナダとマナグアの守備隊のコントロールに関しても。
193211月12日:サンディノは、国立軍隊としてレジスタンス組織を設立して、ラテンアメリカのユニオン会議に対して米軍(既に進行中)の撤退を要求します。
193212月:サンディノは、新しい大統領のサカサの裏をかくことを試みて、ニカラグアで臨時の権威とそして彼を認めてくれるようにエルサルバドルの大統領に依頼します。しかし返答はありませんでした。そしてホンジュラスの南北戦争はさらに強まりをみせてきます。サンディノは、エルサルバドルにおいてニカラグア解放委員会設立を支持します。
193212月25日:サンディノは、新大統領と彼が交渉することを民衆が望んでいると確信していました。
19331月1日:Juan Bautista Sacasaは深く関わった大統領です。アナスタシオ・ソモサは州兵のリーダーと見なされます。
19331月:保守主義者はホンジュラスの選挙に勝ち、そこに避難した反政府運動家の反対を防ごうと努力します。州兵はサンディノを包囲し始めます。まだ優勢ではあったのですが、サンディノは自分が置かれている状況は良くないと判断し、提案をします。彼は、大統領が推し進める計画を公布して、自分の計画をあらためて飲ませようと画策しました。国内問題によって頭を悩ませていた大統領は、折衝者としてサンディノの支持者をSofonías Salvatierraと命名しました。彼が妻(その大統領特使に会うと容認されたサンディノ)を弁護することにより説得されました。
19332月2日:サンディノは、我々は和解しなければならないと夜明けに発表しました。そうしなければ自ら命を絶つことになると。サルバティエラはマナグアに彼を連れて行きました。そしてその日のうちに和平の調停がなされました。
19332月:和平合意によって、サンディノはサカサ大統領および彼の武器の譲渡に忠誠を誓いました。1927年以来犯した犯罪のために恩赦を与えられ、「農業協同組合」を設立することで解決することを認められました。サンディノは、社長のコマンドの下で補佐として認められ、またサンディノが信頼していたフランシスコ・エストラダによって率いられた、武装した100人の人間をおくことを認められました。サンディノは彼の古くなった武器を引き渡し、彼が補佐をしていく上で必要な、わずかに程度の良い武器を維持することを認められました。ヒノテガの部の管轄の下で、サンディノの36,000平方キロの土地を事実上彼に与えました。
19336月:サンディノの妻ブランカは、娘ブランカ・セゴビア・サンディノを産んで亡くなってしまいます。また、マラリアで苦しんだサンディノ自身の健康も悪化します。
19338月1日:マナグアの軍需工場が火事にあいました。その結果、サンディノの武器貯蔵庫の存在が明るみに出てしまいました。サンディノはより疑われるようになりました。
19338月16日:サンディノは、中央アメリカの共和国の連携を宣言し、2日後にどこに中央アメリカの自治論者軍隊を置くか検討します。そして彼は、新しい軍隊の最高司令官および「中央アメリカの最高の道徳的権限」を宣言しました。
19341月:サンディノの身辺を調査する期日が近づいてくると、状況はさらに緊張を増してきました。彼の支持者は、武装闘争を再開するようにサンディノに要求しました。しかし、サンディノはお互いの言い分を聞いて行動していました。彼はこの警戒の合法性を問いただす質問を大統領にし、彼が武器を譲渡してはならないと暗示しました。しかし大統領は怒ってサンディノを呼び出しました。
19342月18日:サンディノはマナグアに着き公に州兵の立憲性に立ち向かい、彼が大統領に次いで3番目の権威者であるという要求をします。サンディノは大統領との会談のために大玉座に残りました。 2月20日:サンディノは、大統領との合意に達しました。州兵の規模は3か月以内に縮小することとなりました。翌日、州兵はそのメンバーをまとめて殺す最大の破壊をおこないました。北のコミューンを不意に襲ったのです。サンディノは暗殺されこの世を去りました。

Sundino loved by the public

Sandino produced in Nicaragua grows up as a farmer, and comes to be called after that a "patriot" and a "revolutionist." The resistance movement was performed as a leader to the Marine Corps stationed in Nicaragua at the age of 32. From the political standpoint, it has been considered as the offender from the United States. However, in Central America and Latin America, many distinguished services were praised and it was considered as the hero of the Latin America nationalism (U.S. principle). Moreover, it might be called free people's general (General de hombres libres).

He was also the symbol existence of resistance forces over U.S. stationing.

And resistance to the U.S. Forces

Sundino organized the defense forces of race sovereignty in Nicaragua, opposed the amelia army, and, eventually drove away the U.S. Forces to withdrawal. The distinguished services can be accepted and a great benefit will be obtained also from the Nicaragua government. However, while there is friction with various governments after that, it will be murdered by the Nicaragua National Guard commander on February 21, 1934.

However, also after that, his last wish is firmly taken over to Frente Garabundo Marti de Liberacion Nacional, and eventually makes the dictatorship which has governed Nicaragua over three generation collapse 1979.


since2005Copyright © Augusto Sandino | ニカラグアの革命家サンディーノ